ライタリアンクリアリングご感想

遠隔でライタリアンレイをお受けになっているYI様より、レベル5のアチューンメントの感想をいただきました。

🍀和田さんこんにちは。

ライタリアンクリアリングレベル5を受け取りました。

今回は受け取り宣言後、少しの間シーンとしていました。

静かに何かが進行している様子が伝わってきました。

そのうち、私がどこかへ向かって歩いている様子が視えてきました。

後ろを何度も振り返りながら、でも足を止めることなく進んでいます。

バス停のようなものが視えました。

実際のバス停ではなく、私が向かう先の案内板のようなものです。

何が書かれているかは確認できませんでしたが、その案内板を見て、

後ろ(たぶん過去だと思います)を振り返って、自分が歩んできた

果てしなく長い道を遠くに見て、これで良かったんだなと思っています。

歩いている道は真っ白い石畳です。

私はどんな服装をしているのだろう?と意識を向けると、

長くて白い衣服を纏っていました。

足元は裸足で、太陽が降り注ぎ、青空が広がっています。

太陽の光はきついにもかかわらず、熱くないのです。

歩いている道の途中で、数人ずつ私と一緒に歩く人が増えていきます。

何も言わないけれど、皆楽しそうに歩いています。

途中、小川が視えた時のことです。

棒で小さな生き物をつついている子どもに出会いました。

「何をしているの?おやめなさい」と私が言うと、「食べるものがないから、

これを捕って食べるんだ」と言います。

私はその生き物を小川から救い出し、抱きかかえながら、

「あなたはここの広大な土地を農地にして作物を育てなさい。

作物は立派に育つので、誰も食べることに困らなくなります。

さあ、今すぐにとりかかりなさい」と言って土地に手をかざしました。

私が抱きかかえていた生き物は、うさぎでした。

うさぎはスルりと私の腕から降りて、一緒に歩き始めました。

途中で少しずつ参加した人々が、いつのまにか大勢になって、真っ白な石畳を歩きます。

そこには人だけでなく、どこからやって来たのか、動物たちも一緒です。

とても平和な空間です。

初めは目的地がどこなのかも分かりませんでしたが、歩いているうちに半島の先端のようなところが見え始め、そこが光に照らされて輝いていました。

そこが目的地なのかもしれないと、ようやく分かりました。

人々と共に歩いている時に、「幸せだな」と思いました。

誰かと比べて恵まれているから幸せなんだ、と言い聞かせる幸せではなく、

心から「幸せ」を感じ、ハートの奥がじんわり温かくなりました。

もしかしたら、幸せを身体で感じたのは初めてだったかな?と思ったほど幸せ感でいっぱいでした。

何もない、ただ真っ白な石畳を歩いていたはずですが、半島の先端には花が咲き乱れ、それはそれはとても美しい光景でした。

そこでこれから何をするのかは、全く分かりません。

自分の歩んできた道を振り返って、間違いではなかったと確信した事、そして一人で歩いている途中で人々が参加してくれた事、たくさんの人が共に歩いてくれて(おまけに動物達も!)、花が咲き乱れる場所が視えるって、

これはまさか…

私はもうこの世を終える時に来てしまったのだろうか、まだ何もしていないのに、

と思った瞬間、これは終わりではなく始まりだよ、という声が聞こえてきました。

ほっと安心した瞬間、眠ったようです。

眠ったのは5分弱でしたが、目覚めた瞬間、アチューンメントが終了している事に気付きました。

人や動物までもが登場してきたのは初めてです。

アチューンメント中に私が誰かと会話をしている映像が視える事など、今まで一度もなかったことです。

でも、とっても楽しくて幸せな旅をしていました。

私はとても深くて長い呼吸を繰り返していたことに気付いていました。

回を重ねるごとに、不思議さも増してきますが、とっても楽しいひと時でした。

和田さんのアチューンメントだから、いつも穏やかで優しいのでしょうね。

今回もありがとうございました。

●レインボーライトのライタリアンクリアリングの詳細は⇒コチラ

Follow me!