2020年9月9日重陽の節句

今年初めて重陽の節句という言葉を知りました。

重陽の節句とは、別名「菊の節句」で、五節句のひとつです。

奇数は縁起のいい日とされ、最も大きな「九」が重なる9月9日を重陽の節句と定め、長寿を祈願しました。

旧暦では菊の咲く季節だったので「菊の節句」と呼ばれていました。

菊は邪気を払うと言われているのもあり、菊を飾ったり、菊酒を飲んだりして長寿をお祝いしたということです。

そして、菊といえば菊理姫くくりひめ(普段は白山比咩しらやまひめと呼んでいますが)

レインボーライトでは、以前から女性ヒーラーをわりと厳し目に教育する神様として、レイキティチャー養成やアチューンメントの際に登場しています。私のイメージでは、女優の高島礼子さんのような雰囲気です。

今日は、菊理姫を呼び出し、不要なものを手放すワークなどをし、菊のお酒をいただきました。

菊理姫は、今後も世の中のエネルギーが大きく動く局面で大切な役割を担ってくれそうですね。世の中がもう少し落ち着いたら白山の白山比咩神社をまた訪れてみたいです。

Follow me!