ライタリアンクリアリングご感想

遠隔でライタリアンクリアリングのアチューンメントを受けてくださっている大山広美様より、レベル1パスクリアリングの感想と記録をいただきました。

イニシャルでの感想の掲載をお願いしたところ「私はいつも自分の感想は本名や写真などすべて公開OKにしています。すべて大山広美の人生の大切な記録なので」というお言葉をいただき、詳細な記録も送ってくださいました。

このような経験は、初めてで、とても新鮮なお言葉でした。

わたしも大山さんの人生に敬意をはらい、人生の大切な記録の一部を紹介させていただきたいと思います。

記録を読んでいくとおわかりになると思いますが、大山さんは関西でご活躍中の、ティーチャー、ヒーラー様です。ライタリアンクリアリングも今後伝授されていかれるのではないかと思っております。

ライタリアンクリアリングを検討されている方のハートに響く言葉の数々です。

それでは、お読みください!

『パスクリアリングご感想』

アチューンメント後から、早速いろんなことが起こってきていて、本当に驚くほどです。

でも根底に揺るぎない安心感があって、変化を楽しんでいきたい感じでいれています。

『ライタリアンクリアリングの記録』

●2019年6月12日

前から気になっていたライタリアンクリアリングを受けることを決めて早速予約。レインボーライトの和田さんは、実はお名前だけ知っていました。ライタリアンレイキの登録書の伝授系統を書くときにその名前があったからです。登録書を書くたびに、何となくいつもその名前が印象に残ってました。

レインボーライトでお願いすることにしたのは、以前私からライタリアンレイキを受けてくれたクライアントさんが、その後ピュリフィケーションリンクやライタリアンゲートウェイなどライタリアンのエネルギーワークをどんどん進めていると聞いてどこでお願いしてるのか聞いた時にレインボーライトの名前を教えてもらったのです。

その時は、そこが和田さんのところだとはわかってなかったのだけど、レインボーライトの名前は覚えていたので自分が受けようと思った時、真っ先に思い浮かんだのです。

申し込みのメールのやり取りをしてた時に和田さんから「なんか懐かしい感じを覚える」と言ってもらって和田さんにはお伝えしなかったけど何だか「やっぱりな」という感覚になった。

その翌朝の明け方、布団の中で創造主に和田さんと私の関係を聞いてみたら「レムリアの時、和田さんはわたしのティーチャーだった」というような感覚を得た。レムリアとかアトランティスとかのお話が好きな人は結構いるけど私はどっちかっていうと興味がない方だったので返ってその答えは「ほう」と、なんだか納得した。事実がどうかはわからないけど、とにかくお世話になった人なのだという感覚、その感覚を大切にしたらいいのだろうと思った。

それにしても、初回の予約をしてからもうクリアリングの過程に入ってるのであろうことがはっきりとわかった。翌朝起きてからの幸福感が半端ないのだ。本当にクリアで。これは書き留めておかないと!ということで今せっせとスマホのメモで書いている。

●2019年7月1日

レベル1の日程を決めてからさっそく前々から後回しにしていたことをどんどん片付けていった私。(そういう気持ちに自然となった)

歯医者さんに行くことや断捨離、ずっと伸ばしていた髪をヘアードネーションのサロンを探してバッサリ切るなどやろうと思いながらもできてなかった色々をどんどんスッキリさせていった。

歯医者さんで、下の親知らず2本が伸びてきているので抜いたほうがいいと言われ、2本一度に抜く処置をした。髪の毛といい歯といい、物質的な体の一部分が手放されることになるというのは、自分のエネルギーが変わっているからとしか思えない。

でも、こうなることをまるで知っていたかのような感覚を持ちながらサクサクと進めている感じ(!)

そして(6月20日)最短の日にちでお願いしたレベル1のアチューンメント。

レイキなど通常のエネルギーアチューンメントとは全然違う感じだった。リラックスはしてるのだけど、時々苦しい夢を思い出すような感覚もあったり、途中でハッとなったりと不思議な感じ。

翌日和田ティーチャーから丁寧な報告メールをいただいて、その内容からなんだか納得した。(本当にありがとうございます)

2018年12月から夫と【お互いに最愛の人でありながら、別居して見守り合う】という他人にはなかなか理解しずらいであろうステージを経験中の私。

執着を捨ててお互いを尊重しあいお互いのいろんな面を認め受け入れ揺るぎない信頼関係を育んでいくことは、私たちの霊的成長にとって必要な過程でした。

夫との愛と信頼はさらに深まり、時間をとってお互いの思いを語り合ったり、寂しさなどの感情が出てきたときは素直に伝えたりとそういうことがますますできている。

そしてこれから先、お互いほかの異性とお付き合いすることがあっても、その相手に私たちのストーリーを話さずにはいられないだろうとそんな話をして笑いあった。

その数日後、無意識では予想していたある人からの連絡が。

どんな人物かというと「未消化のカルマがあるソウルメイト」とでもいうべきか。

大ゲンカしてラインをブロックしてもふとしたときに無意識にブロックを解除してしまい、そしてその数日後にはなぜか待っていたかのように連絡がくる。

何だかやることなすこと気に入らなくて自分でも驚くほど負の感情が湧いてくる。

その人とのつながりは、2003年から始まったものだった。

楽しい時間を過ごしたかと思うと必ず事件が起きたり、大げんか(主に私が怒り狂う)して絶交したりを実に15年以上続けてきていた。

(その間に私は結婚して今9年目)

実は2017年に私はその人物との過去世におけるつながりを自分で見に行き、これまでなぜ自分があんなにも彼に対して怒りや憎しみ、奪われる感覚を感じてきたのかを知った。

そしてその裏側には愛があったことも認め、全てを許して手放そうと決めた。

セルフワークで感情を解放していったら、極端な拒否感や憤りは次第に薄れていき、普通に友人として接してもいいかなと思えるようになってきてはいたのだけど

それでも、彼から年に1、2度連絡がくるたびに【人生を邪魔されている感覚】は残っていてラインをブロックしたり解除したりということをまだ繰り返していたのです。

それが今回パスクリアリングを受けて数日後にとても久しぶりに連絡が入った。

内心「やっぱり来たな」という感覚。許せたとはいっても、やっぱりどこかで「連絡が来て欲しくない!」という【拒否】のエネルギーは残っていて

今回はそれが取れたようです。

今まではその人と関わっても私は何も学べないし意味がないと思ってました。プラスにならないだけじゃなくむしろマイナスだと思ってました。でも今回また久しぶりに「元気ですか?」って連絡が来て、一瞬無視しようか、それともはねつけるような言葉を返そうか悩みました。文字を入力したり消したり、もう、またあいつに無駄なエネルギー使わせられてるわ!とフツフツ苛立ちが沸いて来たり笑

しばらく悩んで、私のとった行動は電話で直接話すことでした。

電話で色々話していくうちに自分に憎しみの感情はもう残っていないことが確認できて、この人と話してもなんの意味もないと思っていたのに相手も成長していて驚くほど中身のある話ができて、なんと4間も話していた!

自分でももうほんとにびっくり!

そんなこの数日間だった。

レベル2が楽しみです。

Follow me!